2014年03月17日

House of Cards

J.YOSHIDA CLINICの吉田です。

一連のSTAP騒動、とうとう著者の博士論文撤回という事態にまで進展…というか、後退してしまいました。STAP現象という夢のある発見に(そしてその発見者に)心躍らせていた身としては、あまりにやるせない気分です。

今や、科学というものに対する彼女の「姿勢」や「行為」を示す内容の記事がネット上に溢れています。それが事実であれば(恐らく事実なのでしょうが)、ただもう唖然として驚くばかりなのですが、とにかく今は、研究者としての資質や能力云々という話と、STAP現象の真偽については、後者の是非がはっきりするまでは分けて考えたいと思っています。

今回の騒動は、論文の写真やデータにおかしな点が多数認められたことに端を発していますが、最近よく話題に上がっている「TCR再構成」とSTAP現象との関連について、気になって少々調べてみましたので、私なりに解釈したことをなるべく簡単に説明してみます。(ただ、私はこの分野の研究者ではないので、間違っていたらすみません…)

まず、登場する細胞として、CD45陽性細胞(リンパ球、好酸球、単球など、いわゆる白血球ファミリーに属する数種類の細胞達のこと)、STAP細胞、STAP幹細胞の3種類があります。

今回のSTAP現象の論文は、
1)白血球細胞という分化してしまった細胞から、酸刺激でSTAP細胞という多能性(いろいろな細胞に分化できる性質)を有する細胞に変化させることができた。
2)STAP細胞はほとんど増殖能力がないが、特定の培養条件で培養すると、多能性+増殖能力を有するSTAP幹細胞になった。
ということを(ざっくりで申し訳ありませんが)言っているようです。

ここで、本当に白血球ファミリーの細胞から多能性のSTAP細胞が生じたのか?を証明するために、「TCR(T細胞レセプター遺伝子)再構成」という、特定の遺伝子に見られる変化を利用しています。TCR再構成についてわかりやすく話せと言われると、私の知識では間違いなくしどろもどろになりますので(笑)、まあ言わばT細胞(白血球ファミリーの中のリンパ球の一種)である証し=身分証みたいなものだと思ってください。

で、STAP細胞集団をすりつぶして、この身分証を拡大鏡で探してみたら、確かにあった。だから、少なくともT細胞はSTAP細胞になってるよ、ということなのですが、ここで一点大事なことがあります。

STAP細胞というのはCD45陽性細胞、つまり、リンパ球だけでなく、好酸球、単球、好塩基球、好中球といった様々な白血球がごちゃ混ぜになっている多国籍軍が変化したものだと考えられますが、変化したことが証明されているのは身分証を持つT細胞だけで、身分証を持たない白血球、すなわちB細胞、好酸球、単球(以下略)がSTAP細胞に「なった」という証拠もなければ、逆に「なっていない」という証拠もありません。

そして、(恐らくそうだと思うのですが)問題となっているのが、STAP細胞からSTAP幹細胞に変化させた際に、STAP幹細胞ではこの身分証が見当たらなかった、ということのようです。まあ、STAP細胞が全てT細胞由来のものではないので、身分証を持たないSTAP幹細胞があっても矛盾はないように思いますが、それとは別の次元で、STAPとは無関係な学位論文からの写真の流用が発覚したり、データの取り扱いに関する問題が指摘されて、一気に疑惑が拡大してしまい、結局「未熟な」論文内容(つまりSTAP現象)そのものの信憑性すらも…といったところではないでしょうか。

mig-2.jpeg


信憑性と言えば、つい先日も、「STAP細胞というのは、(同じ研究室内で培養していた)普通の胚性幹細胞が(間違って、もしくは意図的に)混入したもの…という可能性も否定できないのでは?」という内容の論説を読みました。もしそうであれば本当に寂しい限りです。

いずれにせよ、理研が再度検証するようですので、黙って結果を待ちたいと思います。

私は2ヵ月ほど前にSTAP現象の発見を喜ぶ記事を書いているので、今回は一連の騒動を経た現在の私の気持ちを、最後に書いておきます。

まず、STAP現象がきちんと証明し直され、改めて論文を世に出して欲しいということ、そして、理研に限らず日本の研究機関には、粉飾することなく、淡々と事実を積み重ねるような、地に足の着いた研究と研究者を輩出していただきたいということ、この2つの単純かつ当たり前のことを、日本の再生医療の未来のために心底願ってやみません。

ジェイヨシダクリニック
https://www.j-yoshida.jp/
posted by J.YOSHIDA at 04:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

プチ・リフレッシュ@京都

J.YOSHIDA CLINICの吉田です。

今回は前回の続編です。
再生医療資格認定セミナーの翌朝、ホテルのカフェの明るい窓際の席で、季節限定の「桜オレ」をまったりといただきながら考えました。

2014-03-04 10.32.23.jpg
トリコロールの見た目も綺麗ですが、味も桜風味で美味しかったです。

帰りの新幹線の時刻までまだ少々時間がある。
     ↓
せっかくなので、どこかこの近くで京都観光をしたい。
     ↓
そうだ、金閣寺、行こう。

というわけで、スタッフ2名とともに世界文化遺産の鹿苑寺へ。私は何度か参拝したことがありますが、それでも恐らく20年振りくらいです。

2014-03-04 11.20.23.jpg

行ってみると意外に多くの人で賑わっていました。(注:一応断っておきますが、この写真を撮ったときは、観光客の集団を抜けた直後なのです。)
世界遺産ですから当然といえば当然ですが、「平日の朝だというのに、世の中暇な人が多いねぇ…」と自分達を顧みない会話をしながら歩いていると、門の横にこのような文字を発見。

2014-03-04 11.21.37.jpg

この五戒、仏教の在家の信者が守るべき戒めということで、生き物を殺してはいけない、盗んではいけない、不道徳な性行為をしてはいけない、嘘をついてはいけない、酒を飲んではいけない、が本来の内容らしいのですが、こちらの五用心は、飲酒に関しては少々規制が緩くなっております。
ちなみに仏に仕える身の方々が守るべき「十戒」のほうも調べてみたのですが、残りの5つの戒めは自分には絶対に無理だということが判明しました。

さて、いよいよ本命の登場です。
私は渋めの慈照寺(銀閣寺)も大好きなのですが、やはりこの金色の建造物を目の当たりにすると、その非現実的な佇まいに圧倒されます。

2014-03-04 11.25.42.jpg
(注:他の写真と同様、iPhoneで撮影)

周囲の池や、木々岩々の配置だけでなく、後ろの林や山の稜線の位置やライン取りは本当に見事です。

2014-03-04 11.27.57.jpg
(注:これもiPhoneで撮影)

横からの眺めもとても素晴らしいです。自画自賛で恐縮ですが、非常に美しい一枚です。iPhoneカメラのクオリティ、侮れません。

そういえば、昔、中に小さな金閣寺を封入したガラス製のペーパーウエイトを買った記憶があるのですが、あれはいったい今いずこに?
実はこの時以来、とても気になっているのです。今度実家で探してみよう。

2014-03-04 11.52.32.jpg

最後に抹茶とお菓子をいただいて、京都駅に向かいました。
実質30分程度の短い時間でしたが、久しぶりに王道の観光地を堪能しました。
慣れ親しんだ京都の空気、本当に大好きです。
さて、次に来るときはどこに行こうかなぁ。

ジェイヨシダクリニック
https://www.j-yoshida.jp/
posted by J.YOSHIDA at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

セミナー@京都

J.YOSHIDA CLINICの吉田です。

今年度(2014年度)中に施行される予定の「再生医療認定医制度」と「臨床培養士認定制度」に向けて、日本再生医療学会が今月3日、第1回再生医療資格認定セミナーを京都で開催しました。

当クリニックでは私と培養士2名が認定申請予定ですので、3日はクリニックを休診にして京都へ行ってきました。

会場は京都市北部の国立京都国際会館です。
ちょっと構図がイマイチなのですが、木々の向こうに見える建物が会場です。

2014-03-03 13.42.25.jpg


敷地内からは比叡山が見えます。

2014-03-03 13.44.09.jpg


私の祖父母(故人)がこの近くに住んでいたため、私も小さい頃から何度も京都には遊びに来ていました。家の窓からこの比叡山が良く見えていたのを思い出します。懐かしいです。

学会事務局は当初、セミナー参加者を300名程度と予想して、もっと小さい会場を確保していたのですが、実際は1000名を超える応募があり、急遽大会議場での開催に変更したそうです。

しかし、私もこんな遠くの席から聴講することになるとは思っていませんでした(笑)
ほぼ満席状態です。

2014-03-03 13.48.02.jpg


ここで、再生医療の倫理、再生医療のルール、クリーンルームの管理、培養手技、ノンテクニカルスキル(チーム医療の安全と質の確保に必要なスキル)に関するお話を、4時間に渡ってじっくりと聞かせていただきました。

個人的な感想ですが、厚生労働省や再生医療学会が実際に再生医療を行う者達に何を要求しているのか、その要点がわかるような内容だったので、私的には結構面白い話が多かったです。ただ、舞台までの距離があまりに遠いので、映し出されているスライドの文字がほとんど見えず、とにかく目が疲れました…

今回認定申請をすると、医師は移行措置により(つまり今回だけ特別に)無試験で認定されますが、培養士は筆記試験と実地試験があります。認定期間は原則2年間で、更新時には試験を受ける必要があるようです。

また、今秋には再生医療に関連した法律も施行されるため、その対応でこれから多忙を極めることになると思いますが、全ては再生医療の健全な発展のために必要不可欠な手続きですので、皆で協力して一つずつ乗り越えて行こうと思います。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

余談ですが、この日の夜は、このブログのグルメ情報を書いていただいている、京都人の池上氏(注:決してグルメライターさんではありません。クリニック運営にご助力いただいている会社の社長さんです。)にお願いして、馴染みのおばんざい料理のお店に連れて行っていただきました。本当に美味しいお店でした!一同、池上氏に感謝です。

培養士は365日交代で細胞の世話をしなくてはならならず、休みも不定期なので本当に大変です。今回の出張で多少なりともリフレッシュして、また一緒に頑張っていただきたいと思います。

2014-03-03 21.56.13R.jpg
      池上氏に先導され、夜の祇園を闊歩するスタッフらの図

ジェイヨシダクリニック
https://www.j-yoshida.jp/
posted by J.YOSHIDA at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。