2014年04月29日

皮膚をめぐるスタッフAとBの攻防

J.YOSHIDA CLINICの吉田です。

一昨日のことですが、20代のクリニックスタッフAさんが皮膚採取を受けました

私の横で何度もカウンセリングを聞いたり、患者さんの肌がきれいになっていく様子や、肌の状態が改善して喜んでおられる様子を見て、今のうちに細胞保管だけでもやっておこう と思ったそうです。

治療費も最初は高いなと思っていたそうですが、長い目で見ればこれはむしろ安いのかもしれない!と、思い切って自腹を切って 、皮膚採取と細胞保管に挑んでくれました。身内であるスタッフからそのように言ってもらえると、常々自信を持って治療にあたっている身としては本当に嬉しい限りです。これぞ医師冥利に尽きるというものです!

採取する皮膚の大きさはだいたいこの程度です。
design.JPG


麻酔をして皮膚を取ったあとは、このように白いテープで固定して、
steri.JPG


小さなスポンジ付きのテープで圧迫固定します。
pad.JPG


採取した皮膚はこんな感じです。
skin.JPG
底のほうに小さいかけらが…見えますか?


このチューブを培養室に持ち込んで作業をするのですが、Aさんは自分の皮膚がちゃんと処理されるかどうかを自分自身の目で確かめるために、自ら無塵服を着て培養室に乗り込んだのでした

しかし培養士Bさんもそれに臆することなく 、さすがの手際であっ という間に処理を終え、皮膚のかけらはインキュベーターの中へ


皮膚を処理して、
chopper.jpg


血清入れて、
serum.jpg


インキュベーターへ。
incubator.jpg


両者引き分けかと思いきや、最後にAさんが一言。
「もしその細胞で私がきれいにならなかったら、治療費はBさんが出します 。」

…やはりAさんのほうが一枚上手だったのか!?



でもね Aさん、その細胞は注入をしないと、
               保管だけではきれいにならないですよ




   ◆             ◆             ◆



《イベント告知》

「肌再生治療の効果を知りたい方へ

〜治療経験者さんや医師と語る茶話会〜」


18日の分は吉田が急遽北京へ行く予定が入ったため、25日に変更となりました。
参加無料ですので、肌再生治療をお考えの方はお気軽にご参加ください。
きっとこの治療の内容・効果がよくお分かりいただけると思います。
詳細はこちらです。



J.YOSHIDA CLINIC
https://www.j-yoshida.jp
posted by J.YOSHIDA at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。